忍者ブログ
アニソンについて語ります~
[1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昔の記事を懐かしむ。
2002年11月25日号のAERAには、こう書いてあった。
海外投資を楽しむ会」の主催する「海外口座開設サポートセミナー」の出席者で一番多かったのが医師だ。
ついで銀行員や公務員が目立つ、と・・・・・・・
医師というのはわかる。
そりゃそうだ。
彼らは語学習得にあまり抵抗がないレベルの教育を受けているし、収入が多い人もたくさんいるだろう。
当然の結果であろう。
ところが銀行員や公務員というのは?
いまにも沈没しそうな船からネズミが逃げ出そうとしているに等しいとは思わないか?
単純に言えば、日頃から自分の上司や(国やおかみ)を見ていて信頼に足りる人間ではない。
そういう機関ではない。

こんな、懐かしい記事を思い出す。

そう

いまや

船が沈没しかかっている

早く

逃げないと

大変なことになってしまう!!!!!!!!!!!

かも
PR
逆日歩ぎゃくひぶ って読むんですが

なんじゃ

そりゃ

って言う人のために

では

貸借取引では、カラ売りがカラ買いを上回って株不足となるケースがあります。
この場合、証券金融会社はその不足株数を入札形式で証券会社、生損保などの機関投資家から調達します。
この入札のときに決定された料率を逆日歩(品貸料)と呼びます。

逆日歩がついた銘柄では、信用取引を行っている売り方は当該金額を支払わなければなりません。
一方、買い方は、逆に当該金額を受け取ることができます。

つまり、逆日歩はカラ売りを行う売り方にとっては不利な条件になります。
逆日歩は、通常は1株当たり何銭、何十銭という額ですが、まとまった株数を保有しており、連日逆日歩がつくような、あるいは徐々に上乗せされるケースでは、売り方にとってかなりの負担になります。
仕手相場では、買い方がこの逆日歩を利用して売り方の締め上げに動くことがあります。
逆日歩の重さに耐えられなくなった売り方が、高値圏での買い戻しを余儀なくされ、相場が急伸する「踏み上げ」がそれです。


わかりましたか???



わからない????


難しいですからね
その5パールールにひっかかるのは、

対象者っていうんですね・・・・・

5%ルールの対象となる発行者は、金融商品取引所に上場している法人です。

また、報告対象となる有価証券は、株券又は投資証券等、新株予約権証券、新株予約権付社債券、対象有価証券カバードワラント、株券預託証券、株券関連預託証券、株券信託受益証券、株券関連信託受益証券、対象有価証券償還社債及び他社株等転換株券です。
 
なるほどの

これが新聞紙上でよく
いわれている

5パーセント

ルールなりか????


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索